【2022年】HDV分配金はいつもられるのか?権利確定日、配当金推移などを解説!

投資


こんにちは!

私は米国ETFを運用し始めて、約2年の投資初級者のTSUKASAです。

今回は高配当ETFの代表格であるSPYDの分配金についてレポートしていきます。

皆さん、HDVの分配金について、

「いつ配当金が入るのか?」

「いつまでに株を買えば損しないの?」

「HDVって現状の配当はどうなの?投資しても良いのかな?」

などの疑問をお持ちではないでしょうか。

本記事では上記のような疑問に答えていきたいと思います。

それではHDVの分配金についてみていきましょう。

1.HDVの分配カレンダー

HDVの分配金は3月、6月、9月、12月の年4回です。

具体的な日程は下記になります。

権利落ち日、支払日に関して、第何週などのこれといった決まり、法則性は内容です。

また分配金入金日は証券会社によって異なりますが、2〜3日後に入金されることが多いです。

ちなみにですが、私は楽天証券にてHDVに投資しており、3月の分配金は4/1(金)に入金されました。

支払日から2日後ですね。

権利落ち日

支払日

3

2022324()

2022330()

6

202269()

2022615()

9

2022926()

2022930()

12

20221213()

20221219()

✔︎投資初心者の方向け
権利落ち日とは、株主の権利を得ることができる最終売買日のことです。権利落ち日までに株式を購入していないと配当金を所得できません。前日までには約定を済ませておきましょう。
また入金日は証券会社によっても少しラグが生じるので注意が必要です。

2.分配金推移

下記にHDVの過去の分配金推移を示します。

3

6

9

12

年間

2016

0.676805

0.679421

0.687623

0.655685

2.699534

2017

0.722884

0.718133

0.731650

0.776321

2.948988

2018

0.798621

0.796400

0.791106

0.708810

3.094937

2019

0.822080

0.750368

0.857381

0.778998

3.208827

2020

0.914362

0.879497

0.850765

0.923235

3.567859

2021

0.882118

0.810317

0.764133

1.051454

3.508022

2022

0.769760

HDVは多少の上下はあるものの、比較的穏やかな推移となっていますね。

直近、2022年3月の分配金は0.76976ドルとなりました。

前年同月比で−12.3%の減配という結果です。

米国高配当ETF御三家のSPYD、VYMが増配していたので、期待していましたが、残念な結果となりました。

次に株価推移も見ていきましょう。

3.株価推移

下記に株価の推移を示します。

コロナの影響で約35%の暴落を受けたものの、その後は順調に右肩上がりに推移しています。

現在では105ドル程度を推移しており、2022年3月30日には過去最高の107.96ドルを記録しています。

利上げ政策の影響で、今後の株価が読みづらく、買い増し時期が難しいですね。

4.まとめ

今回はHDVの分配金支払い日、分配金推移をレポートしました。

HDVは2022年3月の分配金が減配したものの、株価の推移も順調な優良ETFかと考えています。

分配金スケジュールを把握し、分配金の機会損失ない投資ライフを送りましょう。

※投資の判断はご自身でよく考えて行ってください。


5.関連記事

【2022年】SPYD分配金はいつもらえるのか。権利確定日、配当金推移などw解説!
【2022年3月】SPYD・VYM・HDVの分配金はいつ貰えるのか。
QYLD分配金は2022年のいつもらえるのか。権利確定日、配当金推移などを解説!
株価下落でタコ足配当を続けるQYLDは大丈夫なのか解説します。
【投資初級者向け】QYLDとともに話題沸騰中のXYLDを解説!
【投資初級者・FIREを目指す方必見】話題沸騰中のQYLGを解説!QYLDとの違いも解説

コメント

タイトルとURLをコピーしました